レンズで変わる耐用年数の違いとは【コンタクトレンズの歴史と寿命】

Top >  コンタクトレンズの歴史と寿命 >  レンズで変わる耐用年数の違いとは

レンズで変わる耐用年数の違いとは

コンタクトレンズの耐用年数というのは、ハードコンタクトは2年ほどの年数だとされています。
一方のソフトコンタクトは、1~2年ほどの年数だと言われています。
またメーカーなどによって、耐用年数は少し違うこともあるかもしれませんね。


しかし、実際のところはどうなのでしょうか。
私のことばかり書いているようで恐縮ですが、一番身近な事例なので、やはりここでも自分の体験を挙げさせて頂きたいと思います。


私のハードレンズは、なんとまだ3代目なんです!もちろん、ちゃんと眼科の先生の検診も受けていますよ?
それでも、「大丈夫。比較的キレイですし、まだ使えますよ。」と言われているので使っています。


右のレンズはまだ2代目で、5年以上使もっていますが、まだ使えそうです。


まず右の1代目は、5年ほどでレンズに傷が細かく入っていたり、度数が変わったので買い替えました。
それからも、水道に流してしまったりしたのですが、管を外して見事回収しました!執念ですね。
でも、元気にまだ現役です。


左のレンズの1代目は破損してしまい、2代目を購入しました。
そして2代目は、最近まで頑張ってくれていました。


3代目のレンズは、まだ使えたけれども一応買い替えました。
予備として、2代目くんはまだ手元にあります。
万が一の紛失などに備えて、待機させているというところですね。


私のコンタクトレンズは、「5年ほどは使えている」ということです。
使用しているのは、酸素透過性のハードコンタクトレンズです。


コンタクトレンズを長持ちさせるコツは、手入れを日々怠ることなく丁寧に扱い、定期検診を受けていく。
これだけで、レンズの寿命は延びると思います。


こうやって書くと、元の勤め先の眼科医には、「耐用年数くらいで買換えなさい!」って怒られそうですが。

この記事のカテゴリーは「コンタクトレンズの歴史と寿命」です。

コンタクトレンズの痔名と耐用年数、レンズの開発における歴史と商品の進歩や視力回復の役割と利便性について理解して、ぜひとも実践して下さい!

関連記事

レンズで変わる耐用年数の違いとは

コンタクトレンズの耐用年数というのは、ハードコンタクトは2年ほどの年数だとされています。 一方のソフトコンタクトは、1~2年ほどの年数だと言われています。 またメーカーなどによって、耐用年数は少し違う...

技術の進歩と開発からの歴史

コンタクトレンズが誕生して、1930年代頃からは、ガラス製の物と比較しても更に装用感の良い、プラスティック製のレンズが開発されました。 といっても、開発された理由は戦争のために、戦闘機の風防に使われる...

コンタクトレンズの利便性

一般的に、コンタクトレンズの役割は「近視の矯正のため」ではありますが、「屈折異常の矯正」とも言えるでしょう。 では「近視の矯正」と比較して何が違うのか、説明していきましょう。 屈折異常には、近視ももち...

コンタクトレンズの原理とは

現在、日本でコンタクトレンズを利用している人は、約1500万以上もいると言われています。 あなたの周りにも、メガネをかけていないから視力が良いのかと思いきや、「実は目が悪くコンタクトを装用していた」こ...




コンタクトレンズで起こる病気と治療法

コンタクトレンズの障害と注意点

コンタクトレンズの歴史と寿命

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズのお手入れ方法

コンタクトレンズの比較と処方手順

コンタクトのメリットとデメリット