カラーコンタクトレンズの安全性【コンタクトレンズの障害と注意点】

Top >  コンタクトレンズの障害と注意点 >  カラーコンタクトレンズの安全性

カラーコンタクトレンズの安全性

視力の補正を目的とした、今まで書いてきたようなコンタクトレンズは医療用具になります。
しかし、おしゃれを目的としたカラーコンタクトレンズは、医療用具ではないのです。


白濁などによって、医療上の理由でカラーコンタクトを装用する場合には、医療用具となるのですが、ここでは医療用具ではないカラーコンタクトについて、少し書いていきたいと思います。


医療用具ではないカラーコンタクトレンズは、比較的簡単に、ネットショッピングなどでも手に入れることが可能になっています。
少し前に、このカラーコンタクトレンズの使用で、問題になったことがありましたよね。


そのために、手入れの仕方もわからずに装用し続けた結果、目に重篤な障害が残った例もあります。
レンズ自体も粗悪なものが見つかり、色素が流出したりもしていました。


確かに目の色を少し変えるだけで、普段とは雰囲気もガラリと変わりますよね。
お友達と比較しても、自分の方が個性的に見えるからと、カラーコンタクトを付けずにいられなくなった人もいるでしょう。
値段も手軽で、つい手を出したくなる気持ちもわかります。


しかし、簡単に取り扱っていると、取り返しのつかない事態に陥ることもあるのですよ!
医療用具でない、ということは「医療の責任はとれない」ということなのですから。
その結果として、眼科で診てもらわないと治らないようなことになるのです。


どうしてもカラーコンタクトをつけたいのならば、短時間の装用にしておきましょう。
そして決められた手入れ方法を、きっちり守りましょう。


レンズの状態を、眼科医に確認もらうことも良いことですよ。
そのときには、処方された箱や、説明書などを持参すると、わかりやすいのでおすすめします。


おしゃれをしたい気持ちはわかりますが、身体の一部を害してしまうのは、それ以前の問題ですよね。

この記事のカテゴリーは「コンタクトレンズの障害と注意点」です。

コンタクトレンズで起こる障害や疾患を予防する装用の注意点、眼障害の早期発見に役立つ自覚症状の種類、失明における原虫の危険性についてまとめてみました。

関連記事

コンタクトレンズ疾患の症状と障害の原因

今まで見て来たコンタクトレンズの眼障害や疾患の原因などは、疾患名は違っていても症状を比較してみると、どれも重複している事に気付かれましたか? コンタクトレンズで起こる障害や疾患の、ほとんど原因というの...

眼障害の自覚症状とは!?

引き続き、自覚症状についてみていきましょう。 他には、どのような症状が現れる事があるのでしょうか。 【目の乾き】 コンタクトレンズを装用している時は、目は裸眼時と比較して乾き気味にはなると思います。 ...

眼障害の自覚症状とは!?(2)

あなたはコンタクトレンズを装用している時に、いつもの装用と比較して「何かおかしいな?」と感じたことはあるでしょうか? そして、その時、あなたはどうしましたか? 大抵の人は、きっとそのままにしていたので...

失明における恐怖について

皆さんの中には、この「コンタクトレンズで失明」というタイトルが、大げさに感じる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、決して大げさではないのです。 実際に、失明する場合もあるのですから。 その原因の...

カラーコンタクトレンズの安全性

視力の補正を目的とした、今まで書いてきたようなコンタクトレンズは医療用具になります。 しかし、おしゃれを目的としたカラーコンタクトレンズは、医療用具ではないのです。 白濁などによって、医療上の理由でカ...




コンタクトレンズで起こる病気と治療法

コンタクトレンズの障害と注意点

コンタクトレンズの歴史と寿命

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズのお手入れ方法

コンタクトレンズの比較と処方手順

コンタクトのメリットとデメリット