角膜潰瘍の症状について【コンタクトレンズで起こる病気と治療法】

Top >  コンタクトレンズで起こる病気と治療法 >  角膜潰瘍の症状について

角膜潰瘍の症状について

「角膜潰瘍」は、とても怖い疾患です。


前述の「点状表層角膜炎」が比較して「表層」に起こるものであるならば、その奥まで潰瘍は浸潤してしまうものだから怖いのです。


原因は、様々な要因が重なるのですが、やはり長時間の無理な装用やレンズの汚れ、アレルギーや微生物などが考えられると思われます。


自覚症状は、ハードコンタクトレンズならば激痛、充血ですぐに気付くと思います。
半端な痛さではないので、すぐに眼科に行くと思われます。


怖いのがソフトコンタクトレンズの装用者です。
ソフトコンタクトは、角膜を覆ってしまっているために、痛みを抑えてしまう働きがあるのです。


そのためレンズを外すと、激痛に襲われることになりますから、外してもまた装用してしまったりして、悪化してしまうこともあります。
ですから、ハードの装用者と比較すると、ソフトの装用者の方が病気の発見が遅くなりがちだと言われています。


治療としては、コンタクトレンズの装用はすぐに中止しましょう。
そして原因となる菌を特定して、抗生物質の点眼をおこないます。
眼軟膏を使ったり、場合によっては、内服薬までも処方する場合があります。


「点状表層角膜炎」に比べると、治りは格段に遅くなります。
症状がよくなってきても、以前のコンタクトレンズを使用する事はできません。
レンズの種類を変える、ケアの方法も変える、などの対策をしないと、また再発する恐れがあるからです。


連続装用をしていた場合、当面の間は1日使い捨てタイプのコンタクトレンズに変更する必要があります。


実際、角膜潰瘍の疾患の患者さんは増えています。
原因のひとつに、使い捨てのコンタクトレンズなのに、その期間を過ぎても装用してしまうことがあげられます。


自分の大切な眼を傷つけないためにも、使い捨てコンタクトの使用期間は、絶対に守るようにしましょう。

この記事のカテゴリーは「コンタクトレンズで起こる病気と治療法」です。

ソフト・ハードコンタクトレンズ装用者に多い病気の症状と正しい治療法、角膜を傷つけないレンズの使用方法と洗浄力の高いケア対策の行い方について解説します!

関連記事

角膜血管新生の治療方法

「角膜血管新生」のような疾患は、比較的自覚症状がないのですが、個人的にはこの眼障害が一番怖いと思います。 なぜ怖いかというと、「血管」が「新生」してしまうからです。 この説明だけでは、わかりにくいです...

角膜潰瘍の症状について

「角膜潰瘍」は、とても怖い疾患です。 前述の「点状表層角膜炎」が比較して「表層」に起こるものであるならば、その奥まで潰瘍は浸潤してしまうものだから怖いのです。 原因は、様々な要因が重なるのですが、やは...

点状表層角膜炎の改善策

コンタクトレンズが原因で起こる眼疾患について、ここで少し説明していきたいと思います。 「点状表層角膜炎」という疾患は、名前の通り、角膜に点状の傷がついてしまう疾患の事です。 コンタクトレンズの装用によ...




コンタクトレンズで起こる病気と治療法

コンタクトレンズの障害と注意点

コンタクトレンズの歴史と寿命

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズのお手入れ方法

コンタクトレンズの比較と処方手順

コンタクトのメリットとデメリット