装用可能な年齢について【コンタクトレンズの比較と処方手順】

Top >  コンタクトレンズの比較と処方手順 >  装用可能な年齢について

装用可能な年齢について

最近は、コンタクトレンズを使用することに、人々はあまり抵抗がなくなっているようです。
そのため、子供のコンタクトレンズ希望者が多くなっているようです。


しかし、私が勤めていた眼科では、子供への処方はできるだけ避けていました。
それでも両親の強い希望や、比較的しっかりしていそうな子供には、処方することも少なからずありました。


小学生での使用は、目への負担を考えるならば、本来ならば避けるべきだと思われます。
直接、目に装用するレンズですから、角膜への影響は大人でもありますが、まだ成長期の子供たちには、さらに影響が大きくなるからです。


サッカーのような比較的激しい動きをする子供たちの希望によって、コンタクトレンズを処方するときには、先生は親子によく言い聞かせていました。
そのことを抜粋しておきたいと思います。


●装用時間を守ること。
●定期検診を、必ず受けるようにすること。
●コンタクトレンズの装着・外し方を必ずマスターすること(本人だけでなく、親も)。
●決められた手入れを、毎日きちんと行うこと。
●目に何か異常を感じたら、ただちに受診すること。


上記の内容は子供だけでなく、レンズ使用者には守って欲しいことなのですが、子供には「厳守」を誓わせました。
これらを必ず守ることを条件に、勤務していた5年間の間に、処方した例が2度ほどありました。


しかし、度数が成長に伴って変わっていくために、処方されたものはいずれも使い捨てのコンタクトレンズでした。
本来ならば、自分で管理のできる、最低でも中学生からの装用が望ましいと思います。


親子での特訓は、親が子供のレンズをとってあげられるようになるまで行います。
子供はソフトレンズを使用しますので、レンズに触るのですが感覚としては目に触るようになります。

親は子供の目を触ることになるわけですから、親御さんも苦労されていました。


眼科としては、小学生でのコンタクトレンズの装用は、お勧めできないことだと思います。

この記事のカテゴリーは「コンタクトレンズの比較と処方手順」です。

眼科でレンズを作る時の治療内容の流れや適正な処方の行ない方、コンタクトレンズで失敗のない専門医の選び方や装用可能な年齢について解説していますのでご覧になって下さい。

関連記事

医師による適正な処方の仕方とは

医師との相談で、使用するレンズが決定すると、トライアルレンズを実際に装用しての検査に入ります。 このとき初めての人は、コンタクトレンズの装用ができませんから、検査員が装用します。 しかし、人の目にコン...

医師による適正な処方の仕方とは(2)

問診が終わったら、次に行う、検査にうつります。 多くの眼科専門医では、この検査は医師ではなく、検査の人か看護師が行うことになります。 眼科によっては、検査のやり方は違うと思いますが、とりあえず私がいた...

医師による適正な処方の仕方とは(3)

では、眼科の専門医では実際にコンタクトレンズを処方する時には、どのような流れで行われているのでしょうか。 もしも、メガネ屋やコンタクトレンズ量販店の付属のクリニックで処方してもらった事がある方は、どん...

コンタクトレンズ診療所について

みなさんは、コンタクトレンズをどこで処方されていますか? 言い換えれば、どこでコンタクトレンズを買いますか? 最近では、この質問で圧倒的に多い答えは「メガネ店」や「コンタクトレンズ量販店」なのではない...

装用可能な年齢について

最近は、コンタクトレンズを使用することに、人々はあまり抵抗がなくなっているようです。 そのため、子供のコンタクトレンズ希望者が多くなっているようです。 しかし、私が勤めていた眼科では、子供への処方はで...




コンタクトレンズで起こる病気と治療法

コンタクトレンズの障害と注意点

コンタクトレンズの歴史と寿命

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズのお手入れ方法

コンタクトレンズの比較と処方手順

コンタクトのメリットとデメリット