目を傷つけない出し入れの仕方【コンタクトレンズの種類と特徴】

Top >  コンタクトレンズの種類と特徴 >  目を傷つけない出し入れの仕方

目を傷つけない出し入れの仕方

コンタクトの出し入れについて、眼科のこぼれ話として面白い話があるので、ここで少しご紹介したいと思います。


コンタクトレンズの処方手順のところで書きましたが、初めてのコンタクトレンズを使用する時には、出し入れの仕方とケアの仕方を時間をかけて説明します。
これが、なかなか難しい事なのです。


コンタクトレンズを使用されている方も、ご自身のときを思い出してみると、わかるのではないでしょうか?


最初に行うのは手洗いです。
汚い手でレンズに触る、なんてことは怖いことです。


まず、「コンタクトレンズ」という異物を目の中に入れているので、出す練習から始めます。
ハードのレンズでは、目を大きく見開いた状態で目尻を引っ張り、瞬きをしてレンズをはじき出すようにして出すのが一般的です。
これが、なかなかうまくいかないものなのです。


コンタクトレンズが、目の中でずれたりするときがあります。


ハードの場合は、ずれたときの対処法ももちろん教えます。
どうしてもこの方法で出すことができなければ、「スポイト」という器具を使います。


ソフトでは、目の上のレンズをつまみ出すようにして外します。
これが、どうも怖いようですね。


黒目よりもレンズは大きいですから、それを鏡で確認してもらって、怖がらずに触ってもらうところから始めます。


装用の仕方はどちらも同じようで、レンズを人差し指の上おきます。
このとき、ソフトレンズは裏返しになることがあるので、ふちなどの形できちんと確認します。
そして、両手でまぶたを引き上げて目の上にレンズを置くようにします。


このように、コンタクトレンズの出し入れを繰り返しを行うのですが、初めての場合は比較すると、だいたい男の人のほうが時間がかかります。
「怖い、怖い」と連発して、自分の目を触ろうとしないのも男の人のほうが多いです。


男性に対して、女性は肝が据わっているというか、どちらかというと短時間でマスターしてしまいます。


1日で練習が終わらない場合は、とりあえずレンズは持ち帰ってもらわないで、また来院して練習です。
さすがに頻繁にはありませんが、やはりこの場合も比較すると男の人のことが多いですね。

この記事のカテゴリーは「コンタクトレンズの種類と特徴」です。

近視の症状によるコンタクト使用の注意点、ハードやソフト、通常レンズによる種類と症状にあわせた選び方と私のコンタクトレンズ体験秘話についての読みやすいレポートです。

関連記事

コンタクトに関する質問特集

コンタクトレンズの検査をしている時には、患者さんを担当するような形になってしまい、比較的色々なことを聞かれることが、私の場合とても多くありました。 そのなかでも、よくある質問について簡単に答えていきま...

私のコンタクトレンズ体験記編

使い捨てコンタクトレンズの希望者が増えてきたときに、私も同僚と一緒に、比較するために使い捨てコンタクトレンズを試してみました。 私が働いていた病院の先生は、使い捨てコンタクトレンズの導入期での希望者に...

私のコンタクトレンズ体験記編(2)

トライアルレンズを装用後、先生に診てもらったところ、フィッティングも良いし、涙も使えないほどではないとの事だったので、すぐに決めました。 記念すべきコンタクトレンズの第1号は、B&L社のクォンタムとい...

私のコンタクトレンズ体験記編(3)

以前、私はこの体験記で、酸素透過性のハードコンタクトレンズを使用していると書いたと思います。 しかし、最初からこのレンズにしよう、と決めていたわけではないのです。 眼科に勤めていたという特権で、様々な...

目を傷つけない出し入れの仕方

コンタクトの出し入れについて、眼科のこぼれ話として面白い話があるので、ここで少しご紹介したいと思います。 コンタクトレンズの処方手順のところで書きましたが、初めてのコンタクトレンズを使用する時には、出...

レンズによる数々の種類とは

主に、コンタクトレンズの種類の違いとは、ハード・ソフトの違いだと思いますが、ここではその他の種類を挙げてみたいと思います。 大きく言ってしまえば、ソフトコンタクトレンズの中の種類であったりするのですが...

レンズによる数々の種類とは(2)

メガネとの比較の所でもで少し述べましたが、コンタクトレンズには、いったいどのような種類のものがあるのでしょうか。 そして、それぞれのコンタクトレンズは、どのような種類を選ぶべきなのでしょうか。 ここで...




コンタクトレンズで起こる病気と治療法

コンタクトレンズの障害と注意点

コンタクトレンズの歴史と寿命

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズのお手入れ方法

コンタクトレンズの比較と処方手順

コンタクトのメリットとデメリット