レンズケアの基本と注意点【コンタクトレンズのお手入れ方法】

Top >  コンタクトレンズのお手入れ方法 >  レンズケアの基本と注意点

レンズケアの基本と注意点

コンタクトレンズは薄いし、小さいし、とてもデリケートなものです。
ですから、コンタクトレンズの取り扱いには、細心の注意が必要ですね。
紛失したり、破損したりしないように扱うようにしましょう。


●清潔で、もし落としても見つかりやすいところで取り扱うようにしましょう。


洗面所などで行うことが多いでしょうけれども、物が雑然としていては、もし落としてしまったときに探しにくくなります。
最初は、シンクに栓をして流してしまわないようにしましょう。


●爪は短く丸く切っておきましょう。


女性で多いですが、爪の長い人は、レンズ破損や汚染の原因になります。
比較すると、ソフトレンズは、より柔らかいので破れてしまいますよ!


●必ずレンズを取り扱う前には、石鹸で手をよく洗いましょう!


水で流しただけでは汚れはとれていませんよ。
外すときに洗わない人が多いので、注意しましょう。


●化粧はレンズを装着してから行いましょう。


装着前に化粧をすると、どうしても手指に石鹸では落ちきれない汚れが残ります。
レンズにその汚れが付着してしまうので、絶対に避けましょう。


●目の周りの化粧はなるべく避けましょう。


最近の化粧はアイメイクが基本のようです。
アイメイクの化粧をしてはいけないとは言えませんが、化粧もレンズの劣化を早めてしまうのも事実です。


比較的汚れやすいのが、アイラインとマスカラです!!要注意です。


●装用前、外した後にレンズを確認しましょう。


レンズが欠けていたり、破れていたりなど、いつもと違うことがあれば、早めに眼科を受診するようにしましょう。


正しくケアをして、コンタクトレンズを少しでも良い状態でイジしておくことを心掛けましょう。

この記事のカテゴリーは「コンタクトレンズのお手入れ方法」です。

レンズを綺麗に使うための正しいケア方法やお手入れの重要性、コンタクト取り扱いにおける細心の注意点など

関連記事

ソフトコンタクトのケア対策

最近は、使い捨てのソフトコンタクトレンズをしてる人のほうが多いのでしょうか。 そんな中でも、1日使い捨てレンズ以外は、ケアをするようになっていると思いますので、少し説明しますね。 ソフトコンタクトレン...

ハードコンタクトのケア対策

ハードコンタクトレンズには、「酸素透過性」と、「酸素透過性ではない」タイプがあります。 昔からコンタクトレンズを使用していた人達は、酸素を透過しないレンズを使用している場合がとても多く見られます。 酸...

レンズケアの重要性

コンタクトレンズに不調を訴える患者さんの中の多くは、間違ったレンズのケアの仕方をしている場合が特に多いです。 そのため、レンズの汚れがとれなくて、結膜炎などになってしまうのです。 前に述べたように、メ...

レンズケアの基本と注意点

コンタクトレンズは薄いし、小さいし、とてもデリケートなものです。 ですから、コンタクトレンズの取り扱いには、細心の注意が必要ですね。 紛失したり、破損したりしないように扱うようにしましょう。 ●清潔で...




コンタクトレンズで起こる病気と治療法

コンタクトレンズの障害と注意点

コンタクトレンズの歴史と寿命

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズのお手入れ方法

コンタクトレンズの比較と処方手順

コンタクトのメリットとデメリット