レンズケアの重要性【コンタクトレンズのお手入れ方法】

Top >  コンタクトレンズのお手入れ方法 >  レンズケアの重要性

レンズケアの重要性

コンタクトレンズに不調を訴える患者さんの中の多くは、間違ったレンズのケアの仕方をしている場合が特に多いです。
そのため、レンズの汚れがとれなくて、結膜炎などになってしまうのです。


前に述べたように、メガネ屋やコンタクトレンズ量販店では、比較的ケアの仕方まで徹底させないことが多いので、このようなことが起こる場合もあるのです。
また患者さん本人が、聞き間違えていたり、勝手にケア用品を代えてしまったことからも、このようなことが起こる場合もありますね。


コンタクトレンズの種類によって、それぞれ適したケアを行わないと、目に障害ができてしまうのは当たり前のことです。
勝手に解釈しないで、決められた手順を守りましょう!


【ソフトコンタクトレンズ】
ソフトレンズだと、煮沸消毒はしていても、その煮沸をレンズを外してすぐに行い、その前に必要な洗浄を行っていなかったりすると、目に負担がかかってしまいます。


【ハードコンタクトレンズ】
ハードレンズだと、こすり洗いが必要なレンズなのに、つけおき洗浄しかしていないと、目に負担がかかります。


ソフトレンズやハードレンズの種類によって、必要なケアというのは違ってきます。
必ずそれを守るようにしましょう。


最近では「ハードならばどんなレンズでも使える」などと、万能をうたっている商品も出回っています。
値段などにひかれることもわかるのですが、自分のレンズの取り扱い説明書を再度読んで、どんなケアが自分には必要なのかを比較してから購入してください!


きちんとしたケアの仕方を行えば、レンズの寿命も延びるので、お財布にも優しいですしね。


コンタクトレンズの種類ごとのレンズケア方法について、また機会があれば述べていきますのでご参考ください。

この記事のカテゴリーは「コンタクトレンズのお手入れ方法」です。

レンズを綺麗に使うための正しいケア方法やお手入れの重要性、コンタクト取り扱いにおける細心の注意点など

関連記事

ソフトコンタクトのケア対策

最近は、使い捨てのソフトコンタクトレンズをしてる人のほうが多いのでしょうか。 そんな中でも、1日使い捨てレンズ以外は、ケアをするようになっていると思いますので、少し説明しますね。 ソフトコンタクトレン...

ハードコンタクトのケア対策

ハードコンタクトレンズには、「酸素透過性」と、「酸素透過性ではない」タイプがあります。 昔からコンタクトレンズを使用していた人達は、酸素を透過しないレンズを使用している場合がとても多く見られます。 酸...

レンズケアの重要性

コンタクトレンズに不調を訴える患者さんの中の多くは、間違ったレンズのケアの仕方をしている場合が特に多いです。 そのため、レンズの汚れがとれなくて、結膜炎などになってしまうのです。 前に述べたように、メ...

レンズケアの基本と注意点

コンタクトレンズは薄いし、小さいし、とてもデリケートなものです。 ですから、コンタクトレンズの取り扱いには、細心の注意が必要ですね。 紛失したり、破損したりしないように扱うようにしましょう。 ●清潔で...




コンタクトレンズで起こる病気と治療法

コンタクトレンズの障害と注意点

コンタクトレンズの歴史と寿命

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズのお手入れ方法

コンタクトレンズの比較と処方手順

コンタクトのメリットとデメリット