ソフトコンタクトのケア対策【コンタクトレンズのお手入れ方法】

Top >  コンタクトレンズのお手入れ方法 >  ソフトコンタクトのケア対策

ソフトコンタクトのケア対策

最近は、使い捨てのソフトコンタクトレンズをしてる人のほうが多いのでしょうか。
そんな中でも、1日使い捨てレンズ以外は、ケアをするようになっていると思いますので、少し説明しますね。


ソフトコンタクトレンズは、柔らかい素材であるために、特に汚れもつきやすく、また汚れが落ちにくいです。
通常ならば1~2年ほど使えるレンズであっても、ケアの仕方や目の分泌物の量などによって劣化してしまいます。


わずか3ヶ月ほどで、使用できなくなってしまう人もいるようですね。
それでも比較的キレイに使うために、一般的なケアの方法について書いておきます。


レンズのケア方法は、大きくわけて「煮沸消毒」と「コールド消毒」の2種類あります。


【煮沸消毒】
レンズをはずして、手のひらにのせます。
まず洗浄液でこすり洗いをして、汚れを落とします。


すすぎ・保存液(ソフトでは水道水は使えません!)でよくすすぎます。
保存ケースに保存液を満たし、レンズを浸します。


煮沸消毒器にレンズケースを入れてから、コンセントに差し込んで消毒しましょう。
週に1度は蛋白除去を行います。


【コールド消毒】
レンズをはずして保存液などで簡単にすすいで、消毒液(過酸化水素など)に浸して一晩おきます。
装用するときに保存液で、またすすいで装用します。


最近では、こちらのコールド消毒が一般的になっているかもしれません。


以前は煮沸消毒が一般的な方法でしたが、煮沸することによって残存しているたんぱく質が固まってしまい、レンズの劣化の原因になる事もあるそうです。
そして手間もかかるので、最近はレニューなどのコールド消毒が、一般的になっているようです。


コールド消毒も、そのメーカーが指定しているタイプを使うのがベストでしょう。

この記事のカテゴリーは「コンタクトレンズのお手入れ方法」です。

レンズを綺麗に使うための正しいケア方法やお手入れの重要性、コンタクト取り扱いにおける細心の注意点など

関連記事

ソフトコンタクトのケア対策

最近は、使い捨てのソフトコンタクトレンズをしてる人のほうが多いのでしょうか。 そんな中でも、1日使い捨てレンズ以外は、ケアをするようになっていると思いますので、少し説明しますね。 ソフトコンタクトレン...

ハードコンタクトのケア対策

ハードコンタクトレンズには、「酸素透過性」と、「酸素透過性ではない」タイプがあります。 昔からコンタクトレンズを使用していた人達は、酸素を透過しないレンズを使用している場合がとても多く見られます。 酸...

レンズケアの重要性

コンタクトレンズに不調を訴える患者さんの中の多くは、間違ったレンズのケアの仕方をしている場合が特に多いです。 そのため、レンズの汚れがとれなくて、結膜炎などになってしまうのです。 前に述べたように、メ...

レンズケアの基本と注意点

コンタクトレンズは薄いし、小さいし、とてもデリケートなものです。 ですから、コンタクトレンズの取り扱いには、細心の注意が必要ですね。 紛失したり、破損したりしないように扱うようにしましょう。 ●清潔で...




コンタクトレンズで起こる病気と治療法

コンタクトレンズの障害と注意点

コンタクトレンズの歴史と寿命

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズのお手入れ方法

コンタクトレンズの比較と処方手順

コンタクトのメリットとデメリット