角膜血管新生の治療方法【コンタクトレンズで起こる病気と治療法】

Top >  コンタクトレンズで起こる病気と治療法 >  角膜血管新生の治療方法

角膜血管新生の治療方法

「角膜血管新生」のような疾患は、比較的自覚症状がないのですが、個人的にはこの眼障害が一番怖いと思います。


なぜ怖いかというと、「血管」が「新生」してしまうからです。


この説明だけでは、わかりにくいですですよね。
簡単に説明すると、何もない所に血管ができてしまうのですから、恐ろしくないですか?


角膜には、血管がありません。
ですから、酸素を補給するのは涙などを使います。


この涙などが、十分に角膜に行き渡らないときに、酸素不足に角膜は陥ります。
そしてそれを解消すべく、自ら血管を作り出すのです!


角膜の端から、中心にむかって血管が自らのびていくのです。
人間の体ってすごいですよね。
私はこの疾患の仕組みを知ったときに、人体の不思議をあらためて感じました。


ソフトコンタクトレンズ装用者に多く、それは角膜を覆う面積がハードコンタクトと比較して、大きいからではないかと思われます。
そして今までと同じく、目が酸素を欠乏しやすい状態にもっていってしまう。


つまり、レンズの装用時間が異常に長かったり、汚れがひどかったりすると、角膜血管新生になってしまう恐れがあります。
原因は、どの病気も常に同じですね。


角膜血管新生は、痛みも何もないためにわかりにくいですが、この状況にあると、コンタクトレンズ量販店でも売ってもらえないと思います。


治療としては、酸素不足が原因ですから、軽い場合はソフトコンタクトを、酸素透過性のハードレンズに変えるだけで解消されます。
酸素が表面から補給できるようになるため、血管は自然に枯れていくのです。


症状が重い場合でも、レンズの装用を中止さえすれば、約数週間~数ヶ月で血管は枯れるのです。
しかし、症状が重い場合にコンタクトレンズを酸素透過性のハードに交換したとすれば、治癒には長い期間がかかります。


角膜血管新生にかかってしまった場合、できるだけメガネで過ごしたほうがいいですね。

この記事のカテゴリーは「コンタクトレンズで起こる病気と治療法」です。

ソフト・ハードコンタクトレンズ装用者に多い病気の症状と正しい治療法、角膜を傷つけないレンズの使用方法と洗浄力の高いケア対策の行い方について解説します!

関連記事

角膜血管新生の治療方法

「角膜血管新生」のような疾患は、比較的自覚症状がないのですが、個人的にはこの眼障害が一番怖いと思います。 なぜ怖いかというと、「血管」が「新生」してしまうからです。 この説明だけでは、わかりにくいです...

角膜潰瘍の症状について

「角膜潰瘍」は、とても怖い疾患です。 前述の「点状表層角膜炎」が比較して「表層」に起こるものであるならば、その奥まで潰瘍は浸潤してしまうものだから怖いのです。 原因は、様々な要因が重なるのですが、やは...

点状表層角膜炎の改善策

コンタクトレンズが原因で起こる眼疾患について、ここで少し説明していきたいと思います。 「点状表層角膜炎」という疾患は、名前の通り、角膜に点状の傷がついてしまう疾患の事です。 コンタクトレンズの装用によ...




コンタクトレンズで起こる病気と治療法

コンタクトレンズの障害と注意点

コンタクトレンズの歴史と寿命

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズのお手入れ方法

コンタクトレンズの比較と処方手順

コンタクトのメリットとデメリット