コンタクトレンズ疾患の症状と障害の原因【コンタクトレンズの障害と注意点】

Top >  コンタクトレンズの障害と注意点 >  コンタクトレンズ疾患の症状と障害の原因

コンタクトレンズ疾患の症状と障害の原因

今まで見て来たコンタクトレンズの眼障害や疾患の原因などは、疾患名は違っていても症状を比較してみると、どれも重複している事に気付かれましたか?


コンタクトレンズで起こる障害や疾患の、ほとんど原因というのは決まっているのです。
それを分かりやすくまとめてみますので、ぜひご参考ください。


【自己流の装用】
最初にコンタクトレンズを処方されるときには、きちんと装用時間や注意点などの説明を受けたと思います。
また、コンタクトレンズの説明書にも、きちんと装用時間や注意点などが書いてあると思います。


これらを守らないで、例えば酸素透過性のハードレンズならば、寝る前には外すのにそのまま徹夜してしまう。。
ハードならば比較的おかしければわかりやすいですが、問題はソフトコンタクトレンズですね。しかも使い捨てです。


・装用時間は決まっているのに、それを守らない。
・2週間用なのに1ヶ月も使ってしまう。
・毎日交換なのに、まだ使えそうだから3日ほど使う。
など、心当たりのある人は案外多いのではないでしょうか。


そもそも普通に使っていても、目に異物を入れているわけですから、特に注意が必要なのです。
このような無理な装用をしていれば、目に負担をかけて障害がおきてもおかしくありませんよね。


【間違ったレンズケア】
取り扱い説明書にあるように、そのレンズと同じメーカーの商品でケアするのが原則です。
ですが、簡単だからと言って「どのメーカーでも大丈夫」などと謳っているケアを使う人もいますね。


そのメーカーのものでも、目の状態によっては、汚れが落ちにくい場合もあるのです。
レンズに合うように、研究していてもそうなのですよ?


まずそのメーカーのものを使用して、定期検診のときに診てもらうようにしましょう。
それで汚れが落ちていないようならば、適切な指示を受けてケアをしていきましょう。


【間違った処方】
これは必ずしも使用者だけの責任とはいえませんが、ときには医師の処方が間違っている場合もあります。


ドライアイの患者さんに、通常のソフトコンタクトレンズを処方したり、などの例がありますね。
また、ケアの仕方も、眼科医での指導が不十分だったために、間違ってしまうケースも残念ながらあります。


【個々の目の状態の変化】
目の状態は、常に変化していくものです。
花粉症の方はアレルギーの時期は汚れが特につきやすかったり、涙が多くなったりします。
ですから定期検診で、常に眼科医と相談できるような体制がとれるといいですね。


これらに注意して、自分の大切な目をしっかり自己管理していきましょう。

この記事のカテゴリーは「コンタクトレンズの障害と注意点」です。

コンタクトレンズで起こる障害や疾患を予防する装用の注意点、眼障害の早期発見に役立つ自覚症状の種類、失明における原虫の危険性についてまとめてみました。

関連記事

コンタクトレンズ疾患の症状と障害の原因

今まで見て来たコンタクトレンズの眼障害や疾患の原因などは、疾患名は違っていても症状を比較してみると、どれも重複している事に気付かれましたか? コンタクトレンズで起こる障害や疾患の、ほとんど原因というの...

眼障害の自覚症状とは!?

引き続き、自覚症状についてみていきましょう。 他には、どのような症状が現れる事があるのでしょうか。 【目の乾き】 コンタクトレンズを装用している時は、目は裸眼時と比較して乾き気味にはなると思います。 ...

眼障害の自覚症状とは!?(2)

あなたはコンタクトレンズを装用している時に、いつもの装用と比較して「何かおかしいな?」と感じたことはあるでしょうか? そして、その時、あなたはどうしましたか? 大抵の人は、きっとそのままにしていたので...

失明における恐怖について

皆さんの中には、この「コンタクトレンズで失明」というタイトルが、大げさに感じる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、決して大げさではないのです。 実際に、失明する場合もあるのですから。 その原因の...

カラーコンタクトレンズの安全性

視力の補正を目的とした、今まで書いてきたようなコンタクトレンズは医療用具になります。 しかし、おしゃれを目的としたカラーコンタクトレンズは、医療用具ではないのです。 白濁などによって、医療上の理由でカ...




コンタクトレンズで起こる病気と治療法

コンタクトレンズの障害と注意点

コンタクトレンズの歴史と寿命

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズのお手入れ方法

コンタクトレンズの比較と処方手順

コンタクトのメリットとデメリット