私のコンタクトレンズ体験記編(2)【コンタクトレンズの種類と特徴】

Top >  コンタクトレンズの種類と特徴 >  私のコンタクトレンズ体験記編(2)

私のコンタクトレンズ体験記編(2)

トライアルレンズを装用後、先生に診てもらったところ、フィッティングも良いし、涙も使えないほどではないとの事だったので、すぐに決めました。


記念すべきコンタクトレンズの第1号は、B&L社のクォンタムという、ハードコンタクトレンズでした。
直径もちょっと大きめだし、装用感はダントツに良かったでしたね。
ただしお値段も、当時はダントツに高かったのを覚えています。


自分がコンタクトレンズを装用していると、初心者に指導するときに便利です。
「こんなふうに」というように、自分で外したり出したりして、見本が見せられますしね。


しかし、やはり眼科の性(?)なのか「ソフトコンタクトレンズも試したい」「どう違うのか比較したい」という欲求が沸き起こり、次はソフトを試すことにしました。


当時はまだあまり使い捨てが全盛ではなかったことと、少し乱視もあったので通常のソフトレンズを試しました。
今度は、視力検査だけ同僚にお願いして、装用はもちろん自分でしました。


ソフトコンタクトレンズを装用したときの正直な感想は、「ぼやけてる・・・」でした。
手元もそうでしたし、遠方もなんだかハードのようにクリアではない感じです。


ちなみに、私の乱視の度数を数字で書くと「-0.75」というものです。
さほど強い乱視ではないのですが、やはりハードのくっきり感を味わった後では、我慢できるものではありません。


しかし、装用感はとても良いです。比較にならないほどに良かったです。
私はハードだったら長時間(8時間以上など)になると充血するのですが、それもあまりありませんでした。


ハードの見え方をとるか、ソフトの装用感をとるかで悩みました。
視力としては1・0はソフトでも見えたので、問題はないはずなのですが。
やはりハードのほうが「くっきり」見えるのです。


最終的には、ハードをとる事に決めました。
念のためソフトも購入はしたのですが、結局使わずに煮沸器と一緒に埃をかぶっている状況です。

この記事のカテゴリーは「コンタクトレンズの種類と特徴」です。

近視の症状によるコンタクト使用の注意点、ハードやソフト、通常レンズによる種類と症状にあわせた選び方と私のコンタクトレンズ体験秘話についての読みやすいレポートです。

関連記事

コンタクトに関する質問特集

コンタクトレンズの検査をしている時には、患者さんを担当するような形になってしまい、比較的色々なことを聞かれることが、私の場合とても多くありました。 そのなかでも、よくある質問について簡単に答えていきま...

私のコンタクトレンズ体験記編

使い捨てコンタクトレンズの希望者が増えてきたときに、私も同僚と一緒に、比較するために使い捨てコンタクトレンズを試してみました。 私が働いていた病院の先生は、使い捨てコンタクトレンズの導入期での希望者に...

私のコンタクトレンズ体験記編(2)

トライアルレンズを装用後、先生に診てもらったところ、フィッティングも良いし、涙も使えないほどではないとの事だったので、すぐに決めました。 記念すべきコンタクトレンズの第1号は、B&L社のクォンタムとい...

私のコンタクトレンズ体験記編(3)

以前、私はこの体験記で、酸素透過性のハードコンタクトレンズを使用していると書いたと思います。 しかし、最初からこのレンズにしよう、と決めていたわけではないのです。 眼科に勤めていたという特権で、様々な...

目を傷つけない出し入れの仕方

コンタクトの出し入れについて、眼科のこぼれ話として面白い話があるので、ここで少しご紹介したいと思います。 コンタクトレンズの処方手順のところで書きましたが、初めてのコンタクトレンズを使用する時には、出...

レンズによる数々の種類とは

主に、コンタクトレンズの種類の違いとは、ハード・ソフトの違いだと思いますが、ここではその他の種類を挙げてみたいと思います。 大きく言ってしまえば、ソフトコンタクトレンズの中の種類であったりするのですが...

レンズによる数々の種類とは(2)

メガネとの比較の所でもで少し述べましたが、コンタクトレンズには、いったいどのような種類のものがあるのでしょうか。 そして、それぞれのコンタクトレンズは、どのような種類を選ぶべきなのでしょうか。 ここで...




コンタクトレンズで起こる病気と治療法

コンタクトレンズの障害と注意点

コンタクトレンズの歴史と寿命

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズのお手入れ方法

コンタクトレンズの比較と処方手順

コンタクトのメリットとデメリット